復縁したい!再婚どっとこむ・トップへ >  復縁について >  覆水盆に返らず

覆水盆に返らず

「覆水盆に返らず」と言う諺は、盆の中からこぼれてしまった水は元には戻らないことから、いったん離別した夫婦は元通りにはならないことを指しています。
「覆水盆に返らず」の意味はわりとよく知られていますが、この諺は中国の実話に基づいた格言です。
はるか昔、太公望と言う人がいました。
太公望はいつも本ばかり読んでおり、とうとう奥さんは愛想を尽かして出て行ってしまいました。
しかし、その後太公望が大出世を果たした為、その奥さんが復縁を求めてやってきたのです。
その時太公望はお盆になみなみと水を注ぎ、奥さんの目の前でこぼしたそうです。
そして、こぼれた水を元通りお盆の中に戻すことが出来たら復縁しようと言った、というお話です。
その故事から、離別した夫婦の仲や、大きなことをしてしまった時などは、もう元には戻らないと言うことを「覆水盆に返らず」と言うようになったのです。
世の中には離婚して、再び復縁して結婚すると言う人もいますが、それは全体から見れば極めて小数です。
そういう意味では、「覆水盆に返らず」は、今の日本にも当てはまる故事だと言えるでしょう。

■ 男性限定!寄りを戻す復活愛!元カノと復縁する方法

■ 女性限定!『復活愛の極意!元カレと寄りを戻す方法』

復縁について

復縁に関するいろいろな基本的な知識について話しています。別れて初めて気づく復縁の気持ち、復縁には時間が必要な場合が多い、復縁を願うことは悪いこと?、復縁しやすい世の中、復縁を願う際の第一歩、自分を破壊してしまう場合の復縁はダメ・・・など

関連エントリー

◆別れて初めて気づく復縁の気持ち
◆復縁には時間が必要な場合が多い
◆復縁を願うことは悪いこと?
◆復縁しやすい世の中
◆復縁を願う際の第一歩
◆自分を破壊してしまう場合の復縁はダメ
◆復縁の可能性は別れ際しだい?
◆復縁に大きく関わる縁
◆復縁への道のりは自分を磨くチャンス
◆復縁の類義語「元サヤ」
◆復縁しても多い再度別れるケース
◆復縁に関わる男性の性質
◆復縁は簡単でありとても難しい
◆復縁につながるのは相手の行動
◆素直であることが復縁の鍵
◆復縁の可能性が高い場合
◆復縁の可能性が低いパターン
◆復縁したい相手に大切な人がいる場合
◆元彼との復縁
◆元カノとの復縁
◆復縁という再婚
◆復縁再婚する前に・・・
◆覆水盆に返らず
◆結婚に対する考え方
◆終わり良ければ全て良し
◆新しいラブホテルのススメ
◆同期入社の彼に横恋慕してしまった
◆高校生のダブルデート